ワイヤーカット加工
Wire Electrical-discharge machining

 大阪門真市でワイヤーカット放電加工を営んでおります。上下任意形状はお任せください。

 CAD/CAMはMasterCam、AutoCad等

三菱電機製 MV2400R AdvancePlus

MV2400R

高性能機

MV2400R Advance Plus オプションの超微細仕上加工用電源(Digital-FS電源)を搭載し、仕上げ面粗さ1マイクロメートル謳っています。

最小設定単位

 0.001(mm)

加工範囲

 X600×Y400×Z300

加工精度

 ±0.01~±0.005(mm) 条件により変わりますのでお問合せください。

最小面粗

 Ra0.15マイクロメートル(0.4S)。D-FS電源搭載。条件により変わりますのでお問合せください。

加工可能素材

 ◎鋼材、◎ステンレス、◎銅、◎銅合金、○アルミ、○超硬、○チタン、○ニッケル、○真ちゅう等。条件が異なりますのでお問合せください。

加工不可素材

 通電しないもの。アルマイト、塗装物 等

その他の特徴

 使用ワイヤ径:0.2(専用)、加工液:純水 XYリニアシャフト

2013年製

三菱電機製 FA10PS

10PS

高精度機

FA10PS 最小面粗さ2マイクロメートルの加工ができます。この機械はメーカ精度保証±3マイクロメートルを謳っており、より高精度な加工が可能になりました。ワイヤー径0.15専用としています。

最小設定単位

 0.001(mm)

加工範囲

 X350×Y250×Z220

加工精度

 ±0.01~±0.005(mm) 条件により変わりますのでお問合せください。

最小面粗

 Ra0.1マイクロメートル(0.4S)。LC電源搭載。条件により変わりますのでお問合せください。

加工可能素材

 ◎鋼材、◎ステンレス、◎銅、◎銅合金、○アルミ、○超硬、○チタン、○ニッケル、○真ちゅう等。条件が異なりますのでお問合せください。

加工不可素材

 通電しないもの。アルマイト、塗装物 等

その他の特徴

 使用ワイヤ径:0.15(専用)、加工液:純水

2006年製

三菱電機製 FA20S Advance

FA20S

大型加工機・中精度機

FA20S Advance(2009年製)を2020年2月に中古導入しました。今まで頑張ってくれていたFX20Kと入れ替えになります。

最小設定単位

 0.001(mm)

加工範囲

 X500×Y350×Z300

加工精度

 ±0.01~±0.005(mm) 条件により変わりますのでお問合せください。

最小面粗

 Ra0.5マイクロメートル(2S)

加工可能素材

 ◎鋼材、◎ステンレス、○銅、○銅合金、○アルミ、○超硬、○チタン、○ニッケル、○真ちゅう等。条件が異なりますのでお問合せください。

加工不可素材

 通電しないもの。アルマイト、塗装物 等

その他の特徴

 使用ワイヤ径:0.25(専用)、加工液:純水

2009年製

FAQ

A 直径0.2mmの真鍮ワイヤー線を使って金属を切断する加工です。
小学校の時に理科の実験や工作でやったニクロム線で作る「発泡スチロールカッター」で発泡スチロールを切断したり、凧糸を両手にピンと引っ張って持って粘土を切る感じに似ています。

A 加工物である鉄のかたまりと真鍮ワイヤー線の間に放電を起こしてその電気的な衝撃で鉄を溶かし、放電場所を少し移動してまた放電し、その繰り返しで形になっていきます。

A いいえ、ワイヤー線の直径は0.3㎜から0.01㎜までいろいろなサイズで、材質も真鍮、銅線、タングステン、真鍮亜鉛コーティングなど様々な種類のものが発売されています。その精度は±0.001㎜で出来ています。一般的に良く使われているものが真鍮の0.2㎜です。機械メーカーは一般的である真鍮の0.2㎜にあわせてチューニングをして発売されています。

A 弊社では様々お客様のご要望にお答えする為それぞれの機械の使用するワイヤー線の種類、線径を決めて専用機にしています。弊社の使用ワイヤー線は「真鍮0.25㎜」が1台「真鍮0.2㎜」が1台「真鍮0.15㎜」が1台でございます。使用ワイヤーを限定する事によりワイヤー線取替え段取りの時間短縮、機械加工特性の把握ができ、より良い製品作りに生かしております。

A ワイヤー線の直径によって加工速度や仕上がりが違います。一般的にワイヤー線の直径が大きいと条件を上げてどんどんスピードを上げて加工できますが仕上げやコーナーエッジは期待できません。ワイヤー径が細くなると条件を落として少しづつ細かい加工が出来ますので、エッジが出やすく仕上げ面も期待できますがスピードが出ないので加工時間がかかります。また、細いワイヤー線では板厚の大きな物は加工できません。

A 基本的に通電する物であれば加工できます。よく加工するのは鉄、ステンレス、銅、アルミ、超硬と言った物の加工が多いです。プラスチックや接着剤、セラミックなどの電気を通さない物は加工できません。また、アルミではアルマイト処理をしているとアルマイト(酸化膜)が電気を通さないのでペーパーヤスリなどでアルマイト部分を削らないと加工できません。

A ワイヤー線を一度使用すると放電で消耗してしまい、繰り返しつかえないので使い捨てになります。使用されたワイヤーはリサイクルにまわされ、リサイクル工場でまた新しいワイヤーとして生まれ変わります。

A ワイヤー放電加工と型彫放電加工の大きな違いは品物の形状が底付きかどうかです。例えばボルトの穴とそのザグリがあった場合は、形状的に穴はワイヤー加工、ザグリは型彫放電加工になります。

A ワイヤーカットはワイヤー線をピンと張って加工しますので、家の柱のような形、即ち角柱や円柱、六角柱、パイプなど柱の形状の物や、逆にその柱がすっぽり入るような貫通穴の形状を加工するのが得意です。あと上下異形状といって、柱の上の形状と下の形状が異なる加工も出来ます。

ワイヤ加工面粗度

仕上がり面粗度の比較

ワイヤー加工の仕上げ面粗さの比較

 弊社では標準面粗さを決めており、Rzで3~4ミクロン(3S~4S、Raで0.45~0.75ミクロン)程度を狙って加工しております。 ごくまれにコスト重視で1stカット仕上げで加工完了しているメーカー様をお見受けしますが、加工精度が出なく面粗さが粗いので弊社ではよほどの事由が無い限り推奨しておりません。 機械や加工の厚みによって3rdカットで終わるものもあれば4thカットを行うもの、さらには垂直度を出すために4th+1カットを行うものもあります。

加工機:MV2400R Advance Plus


Copyright (C) 2000-2024 KATA GIJUTU Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ワイヤー加工・放電加工・レーザー加工・細孔加工
〒571-0042 大阪府門真市深田町9-8
株式会社カタ技術