沿革 history

創立

大阪府門真市大字三番856-34(現深田町9-8)にて片山将が カタ技術工作所 を創立。

昭和49年1月

設立

株式会社カタ技術を設立。
資本金1000万円

昭和57年7月

新社屋完成

手狭だった旧木造建屋を建て替え、鉄骨ALC造の社屋へ

昭和61年3月

細穴加工機導入

AMADASH3D

昭和61年9月

レーザ加工部門進出

Co2レーザーカット加工機AMADALCF644を導入。自動プロのオプションにデジタイザ。

昭和62年3月

NC放電加工導入

NC型彫放電加工機三菱M35Jを導入

平成元年11月

レーザカット入れ替え

AMADALC1212αⅡを導入。加工性能とランニングコストが大幅に改善した。

平成8年9月

三次元CADCAM導入

MasterCAM7及びK-CAD PEDRAS AC2000を導入。複雑な上下異形状のデータ作成や加工前のチェックが出来るようになりました。

平成11年8月

代表取締役交代

片山将代表取締役統括就任
片山要代表取締役社長就任(2代目)

平成13年1月

高精度ワイヤー導入

三菱製高精度ワイヤーカット加工機FA10PSを導入。加工精度と生産性が向上。

平成18年4月

三次元CADCAM追加導入

MasterCAMX2を導入。

平成19年11月

カドマイスター受賞

門真市が市内の優れた技術を持つものづくり企業に認定するカドマイスターに認定。
新聞記事

平成24年3月

守口門真ものづくり元気企業に認定

守口門真商工会議所より守口門真ものづくり元気企業に認定されました。

平成25年3月

大阪ものづくり優良企業賞受賞

優れた大阪のものづくり中小企業に与えられる大阪ものづくり優良企業賞(匠)に認定。
2013受賞一覧

平成25年8月

高性能ワイヤー導入

三菱製ワイヤーカット加工機MV2400R Advance Plusを導入。

平成25年12月

高精度放電導入

三菱製放電加工機EA8PVAdvanceを導入。

平成26年12月

測定機器導入

キーエンス製XM-1000 VR-3000 IM-7000を導入。検査体制を強化

平成29年6月

ファイバレーザ導入

Bodor製i5を導入。優れた省エネ性能

平成31年1月

Copyright (C) 2000-2019 KATA GIJUTU Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ワイヤー加工・放電加工・レーザー加工・細孔加工
〒571-0042 大阪府門真市深田町9-8
株式会社カタ技術