ごあいさつ

株式会社カタ技術は昭和49年より大阪府の東部門真市の地に本社、工場を構え、主として型彫放電加工、ワイヤーカット加工、レーザー加工を専門とし営業致しております。
主にパナソニック電工様、パナソニック様の生産技術部門の下請け、孫受け工場として、その他 他府県のお得意先様など、のべ約200社様の機械部品加工、金型部品加工等幅広い分野のお得意様から生産技術の高い評価を頂いております。

昭和49年、高度成長期と呼ばれた時代を経て、オイル危機の直後機械加工も汎用機からNC機へと移行 していった時代であります。
その頃にワイヤー加工機が登場、カタ技術はその将来性にいち早く着目して手掛けて参りました。時代と共に高機能化するNC機械は5年もすれば第一線から退かなければなりません。
時代のニーズにお答えする為導入した加工機は合計19台にも上ります。 現在は11台の加工機が現役で頑張っております。さらに21世紀には新社長も就任して、 IT時代にも対応する為、日々精進しております。